ATERMの設定を行う時の注意

ATERMの設定を行う時

ATERMの無線LAN と Wi-Fi の設定を解説しています。

無線LAN & Wi-Fiの設定の時、忘れたり、間違ったりするとうまく繋がらないことがあります。そういったことを防ぐための操作です。

設定にはATERMシリーズに共通な情報と機種固有の情報があります。ここでは共通的な情報を紹介しています。機種固有の情報は取扱説明書をご覧ください。

【INDEX】
プロキシー設定の解除
ランプの状態
親機 ATERMの無線設定

らくらく無線スタート
らくらく無線スタートEX
らくらくネットスタート

Jave Scriptの有効化
クイック設定WEBの起動方法
らくらくWEBウイザードの設定方法

無線LANのセキュリティ
ATERM/無線LAN用語

 

プロキシー設定の解除

プロキシ設定がなされていると処理の受付が拒否され無線の設定が不安定になります。プロキシの設定は解除してください。
解除方法は以下の通りです。
(Internet Explorerの場合)
(1) ブラウザ(Internet Explorer)を起動する。
(2) 「ツール」-「インターネットオプション」-「接続」-「LANの設定」をクリックする。
(3) 「LANにプロキシサーバーを使用する」の「詳細」をクリックし、例外に「aterm.me」を入力し、「OK」をクリックする。
NEC製の場合は機種により「web.setup」と入力する場合もあります。

INDEXへ

ランプの状態

ネットワークの状態を表現しているのがランプです。ランプの状態を見れば凡そのことがわかります。

ATERMシリーズの親機にはPOWERランプ、ACTIVEランプ、AIRランプ、WANランプ、LANランプ、TVランプなどが搭載されています。機種により搭載しているランプの種類は違います。詳しくは個々の機種の取扱説明書を参照してください。
・POWERランプ
電源の状態を表しています。

・ACTIVEランプ
最も重要なランプです。代表的なものでは、WAN側/LAN側のIPアドレスが違っていたり、IPアドレスが競合している。パスワードの設定が間違っている等、異常な状態が確認できます。

・WANランプ、LANランプ
WAN側、LAN側の通信状態が確認できます。

INDEXへ

親機 ATERMの無線設定

無線LANでインターネットを利用する時は無線の設定とインターネットの回線の設定が必要です。
その無線LANの設定ですが、子機のタイプにより無線の設定方法が異なります。

(1) 子機のタイプと無線の設定方法

子機のタイプ 無線設定方法
ATERMシリーズの子機 らくらく無線スタートで設定
無線LAN内蔵子機(Windows 8/7/vista/XP(SP2/SP3)) らくらく無線スタートEXで設定
無線LAN内蔵子機(上記以外のWindows) 「ワイヤレスネットワーク接続」で設定
WPS対応機 WPSで設定
ゲーム機 ゲーム専用のらくらく無線スタートで設定
スマホ/タブレット端末 スマホ専用のらくらく無線スタートで設定
* 手動で親機の暗号化などを設定
らくらくWEBウイザードで設定

 

(2) インターネットの設定
らくらくネットスタートで設定します。

INDEXへ

らくらく無線スタート

無線LANは親機と子機を無線接続する訳ですが、親機と子機がATERMシリーズであればメーカーから提供されているユーテリティが利用できます。それが「らくらく無線スタート」です。

操作はカンタンで、親機の「らくらくスタート」ボタンを押して設定します。設定内容はネットワーク名(SSID)と暗号化キーです。セキュリティは強固なものが設定されるため安全性は高いです。

INDEXへ

らくらく無線スタートEX

無線LANは親機と子機を無線接続する訳ですが、親機がATERMシリーズで子機がパソコンに内蔵されている無線LAN子機であればメーカーから提供されているユーテリティが利用できます。それが「らくらく無線スタートEX」です。あまり古い子機の場合は使用制限があります。確認が必要です。

操作はカンタンで、親機の「らくらくスタートボタン」を押して設定します。設定内容はネットワーク名(SSID)と暗号化キーです。セキュリティは強固なものが設定されるため安全性は高いです。

無線LAN内蔵パソコンで、Windows 8/7/Vista/XP(SP2/SP3)が利用可能です。

INDEXへ

ワイヤレスネットワーク接続

Windowsに標準搭載されている無線の接続機能があります。OS別に用意されています。メーカー提供の無線接続ツールを使用しなくても無線の接続が可能です。セキュリティもより強固な設定ができます。
解説は以下のとおりです。

  1. Windows 8
  2. Windows 7
  3. Windows Vista

INDEXへ

らくらくネットスタート

「らくらくネットスタート」とは、ブロードバンド回線の判別を自動で行い、インターネットの設定を行うことです。
判別結果はローカルルータ、アクセスポイント、PPPOEルータの3つです。結果はランプに表示されます。 ATERMではほとんどの親機の自動判別が可能です。詳しくは親機の取扱説明書を参照してください。

INDEXへ

Java Scriptの有効化

無線LANの設定では「Java Script」を利用します。その時「Java Script」が有効になっていないと設定できません。
Java Scriptの有効化は次のとおりです。

(1) Internet Explorerを起動します。

(2) [ツール]→[インターネットオプション]をクリックします。

(3) [セキュリティ]タブをクリックし、[インターネット]をクリックして[レベルのカスタマイズ]ボタンをクリックします。

(4) [スクリプト]までスクロールACTIVEスクリプトの中の[有効にする]にチェックを入れ[OK]ボタンをクリックします。

(5) [警告]画面が表示されたら、[はい]ボタンをクリックします。

(6) [適用]ボタンをクリック後、[OK]ボタンをクリックします。

以上で設定は完了です。一度Internet Explorerを閉じて、再度起動してください。

INDEXへ

クイック設定WEBの起動方法

親機の設定内容の確認、変更は「クイック設定WEB」で行います。その起動方法です。
クイック設定WEBを起動し、親機を開く時ルーターモードとアクセスポイント(ブリッジ)モードにより方法が異なります。
アクセスポイント(ブリッジ)モードの場合はルーターのアドレスの関係でIPアドレスが変わります。

ルーターモードの場合
(1) PCを起動する。

(2) ブラウザを起動し、アドレス欄に「http://web.setup/」と入力し、ENTERキーを押す。
(機種によっては「http://aterm.me/」と入力する場合もあります。)

(3) 管理者パスワードの初期設定画面が表示されたら、管理者パスワードを決めてメモを残します。
管理者パスワードが未設定の場合に表示されます。このパスワードは重要です。忘れると親機の初期設定をしなければなりません。

(4) メモしたパスワードを画面に入力し、「設定」をクリックする。

(5) 「Windows セキュリティ」画面が表示されたらユーザー名とパスワードを入力し「OK」をクリックする。
ユーザー名:「admin」 パスワード:「メモしたパスワード」

(6) クイック設定WEBが起動し、表示される。


アクセスポイント(ブリッジ)モードの場合
(1) 親機のネットワーク体系をメモする。
ネットワーク体系のアドレスを確認 を参照してください。
コマンドプロンプトを起動し、アドレスを確認。この時のアドレスを記録しておく。(重要)

(2) ブラウザを起動し、アドレス欄に
「http://xx1.xx2.xx3.211/」と入力し、ENTERキーを押す。
記録した左3つxx1、xx2、xx3を使用する。上記(1)のネットワーク体系から。
例) 192.168.0.1 であれば 1192.168.0.211 とする。4桁目ですが機種により”210””245”の場合もあります。取扱説明書を参照してください。

(3) 管理者パスワードの初期設定画面が表示されたら、管理者パスワードを決めてメモを残します。
管理者パスワードが未設定の場合に表示されます。このパスワードは重要です。忘れると親機の初期設定をしなければなりません。

(4) メモしたパスワードを画面に入力し、「設定」をクリックする。

(5) 「Windows セキュリティ」画面が表示されたらユーザー名とパスワードを入力し「OK」をクリックする。
ユーザー名:「admin」 パスワード:「メモしたパスワード」

(6) クイック設定WEBが起動し、表示される。

INDEXへ

らくらくWEBウイザードの設定方法

らくらくWEBウイザードは親機を手動でセキュリティ (暗号化キーなど) を設定するための機能ですが、
無線の設定が未設定の場合のみ使用が可能です。
設定方法は次のとおりです。

(1) クイック設定WEBを起動する。起動方法は上記を参照してください。
例)ルーターモードの場合はブラウザを起動し、アドレス欄に「http://web.setup/」と入力し、ENTERキーを押す。
(機種によっては「http://aterm.me/」で起動します)

(2) 動作モードは3つありますいずれかを選択し「次へ」をクリックする。
PPPOEモード、ローカルルータモード、ブリッジモードです。

(3) 表示画面に従って入力する。

PPPOEモード の入力項目
・接続先名:プロバイダーの名前など。
・ユーザー名:プロバイダーから通知のあったもの。
・パスワード:プロバイダーから通知のあったもの。
・フレッツ・スクウエア接続:接続先登録を行うかどうかを選択する。

ローカルルータモード の入力項目
プロバイダーから指定のある場合のみ設定します。
・DHCPクライアント機能:
WAN側のアドレスを自動取得する場合は「使用する」にチェック、プロバイダーから固定アドレスの通知がある場合はチェックを外す。

・IPアドレス/ネットマスク:
プロバイダーから固定IPアドレスを指定されている場合はそのIPアドレス/ネットマスク入力、WAN側をDHCPクライアントとして使用する場合は不要。

・ゲートウエイ:
プロバイダーから指定されている場合は「使用する」のチェックを外し、「固定アドレス」に入力する。指定が無い場合は不要。

・ネームサーバ:
サーバーから自動で取得する場合は「使用する」にチェックし、プロバイダーから指定されている場合はそのチェックを外しアドレスを入力する。

・ドメイン名/ホスト名:
プロバイダーから指定されている場合はその名前を入力する。指定が無い場合は不要。

アクセスポイント (ブリッジ)モード の入力項目
・IPアドレス/ネットマスク:
IPアドレスが競合する場合、IPアドレスを手動で設定する場合「IPアドレス自動補正機能」の「使用する」のチェックを外し、利用環境に合わせた親機のIPアドレス/ネットマスクを設定します。
例) ルータタイプのADSLが 「192.168.0.1」の場合 IPアドレスは 192.168.0.211 とする。
192.168.0 はモデムと同じ、”211” は他の機器で未使用のもの。 機種によっては ”210” ”245”の場合もあります。取扱説明書を参照してください。ネットマスク 「24」ビット指定の時。

・ゲートウエイ:
WAN側のゲートウエイアドレスを固定で使用する場合入力します。「IPアドレス自動補正機能」の「使用する」のチェックを外し、「IPアドレス/ネットマスク」の入力内容によって決まるネットワークアドレスの範囲内のアドレスを入力する。

・ネームサーバ:
WAN側のDNSサーバを手動で設定する場合入力します。「IPアドレス自動補正機能」の「使用する」のチェックを外します。複数の場合は「プライマリーDNS」、「セカンダリーDNS」を入力します。
(4) 入力が完了したら「設定」をクリックする。
入力項目が不明の場合はプロバイダーに確認してください。

INDEXへ

無線LANのセキュリティ

親機のセキュリティは2つあります。
(1) 無線LANのセキュリティ
無線LANは親機と子機で通信します。この時情報が漏れるリスクがあります。それを防ぐ方法として3つの方法が提供されています。
・暗号化によるセキュリティ
・MACアドレスフィルタリング
・ESS-IDステルスです

(2) 親機のセキュリティ
これも重要なセキュリティです。
親機の工場出荷状態はユーザー名:「admin」、パスワード:「 」空白です。親機のセキュリティを考えるとリスクが大きいです。できるだけ早くパスワードを設定してください。

無線LANのセキュリティを詳しく解説しています。
無線LANのセキュリティはこちらです。

 

INDEXへ

ATERM/無線LAN用語

サテライトマネージャ
サテライトマネージャは子機用のユーティリティプログラムです。
無線LANアクセスポイント(親機)や無線LAN端末(子機)間との通信状態を確認することができます。
次のような機能があります。
・無線LANアクセスポイント(親機)との通信状態を確認することができます。
・ネットワーク一覧で設定したネットワークを切り替えることができます。
・新5GHz(W52/W53)に対応していない無線LAN端末(子機)を新5GHz(W52)対応に書き換えることができます。
・パソコンを起動したときにタスクバーにサテライトマネージャを表示できます。

サテライトマネージャはこちらからダウンロードし利用が可能です。(子機別になっています)

 

らくらくQRスタート(Android用)
QRコードを読み取るだけで、 無線LAN接続設定ができる便利なアプリケーションプログラムです。スマートフォンやタブレットの無線LAN接続設定専用です。このアプリケーションではPCがなくても接続が可能です。カンタンに速く設定できるのが特長です。
PC用はこちらからダウンロードできます。

 

Wi-Fi Alliance (ワイファイ アライアンス)
米国に本拠を置く業界団体のことです。IEEE 802.11規格を使用したデバイス間の相互接続が認められたことを示す名称です。
他社製品との相互接続性などに関する試験をパスした装置にロゴの表示などが許されています。ロゴが添付された製品間であればメーカーが違っても組み合わせて使用できることが保証されています。その表示としてWi-Fi CERTIFIEDブランドで確認できます。

INDEXへ

最後までご覧いただきありがとうございました。

Amazon Shop 送料無料(一部除)