エアステーションの Wi-Fi 接続の注意事項

エアステーションの Wi-Fi 接続の注意事項

親機(エアステーション)に子機(スマートホン・タブレット・PC等)を無線接続する方法を紹介しています。 接続の時、忘れたり、間違ったりするとうまく繋がらないことがあります。それを防ぐための解説です。

エアステーションに子機を Wi-Fi 接続しますが、共通(普遍)的なものと機種固有なものがあります。ここでは共通的なものを解説しています。機種固有なものについては取扱説明書を参照してください。

MENU

Wi-Fi の接続方法を紹介しています。
下記以外にも接続方法はありますが、利用の多いものを対象としています。

スマホ・タブレット
QRsetup
AOSS2
手動接続

PC
ワイヤレスネットワーク接続
AOSS
AOSS2
WPS

回線判別
インターネット回線判別

関連情報
エアナビゲータとは
クライアントマネージャ V とは
設定 (TOP) 画面の表示
ファームウェアのバージョンアップ方法

終わりに

 

 

QRsetup

セットアップカード上の「QRコード」をかざして読み取り Wi-Fi 接続を行います。

エアステーションに同梱されている、セットアップカード上の「QRコード」をかざして読み取り Wi-Fi 接続を行う方法の紹介です。 「SSID」、「暗号化キー」を意識することなく自動で接続が可能です。セキュリティは強固なものが設定されるため安全性は高いです。
iSO版とAndroid版があります。

この接続方法は、2ステップから構成されています。
1.「QRsetup」をダウンロードします。
2.「QRsetup」を起動して、セットアップカード上の「QRコード」を読み取り、設定を行います。

【iOS版】
・App Storeで「QRsetup 」 (リンク) をダウンロードします。
・「QRsetup」を起動して、QRコードを読み取って、親機とのWi-Fi接続を行います。


【Android版】
・Google Playで「QRsetup 」 (リンク) をダウンロードします。
・「QRsetup」を起動して、QRコードを読み取って、親機とのWi-Fi接続を行います。

「QRsetup」後、ブラウザを起動して、ホームページが表示されたら設定は完了です。
この時「INTERNET回線判別中」が表示された場合は、「INTERNET回線判別」処理を行います。

MENUに戻る

 

手動接続

セットアップカード上の、「SSID」と同じ「SSID」をネットワーク一覧から選択して「暗号化キー」を入力して、Wi-Fi に接続します。

セットアップカードの無い(旧式)タイプの場合は、親機の背面・底部などに「SSID」、「暗号化キー」が記載されています。それを使用します。
セキュリティは強固なものが設定されるため安全性は高いです。
iSO版とAndroid版があります。

【iOS版】
iOS で接続 (リンク)

【Android版】
Android で接続 (リンク)

「手動接続」後、ブラウザを起動して、ホームページが表示されたら設定は完了です。
この時「INTERNET回線判別中」が表示された場合は、「INTERNET回線判別」処理を行います。

MENUに戻る

 

スマホOL

 

ワイヤレスネットワーク接続

Windowsに搭載されている機能を使用して、Wi-Fi の接続を行います。
それがワイヤレスネットワーク接続です。OS別に用意されています。メーカー提供の Wi-Fi 接続ツールを使用しなくても無線の接続が可能です。この接続方法は親機・子機ともメーカーに依存しませんので、汎用的な接続方法と言えるでしょう。

タスクトレイのインターネットアクセスアイコン(例)

デスクトップ画面のタスクトレイに、インターネットアクセスアイコンがあります。そこをクリックするとネットワーク一覧が表示されます。親機の背面・底面に記載されている「SSID」を選択して、「暗号化キー」を入力すれば、 Wi-Fi 接続が可能です。 セキュリティは強固なものが設定されるため安全性は高いです。

  1. ワイヤレスネットワーク接続 (OS別にあります)
  2. Windows 10 (リンク)
  3. Windows 8.1/8 (リンク)
  4. Windows 7 (リンク)
  5. Windows Vista (リンク)

「ワイヤレスネットワーク接続」後、ブラウザを起動して、ホームページが表示されたら設定は完了です。この時「INTERNET回線判別中」が表示された場合は、「INTERNET回線判別」処理を行います。

MENUに戻る

 

AOSS

BUFFALOが提供する W-Fi 接続ソフトです。
親機の箱の中にCD-ROMとして「AOSS」( (メリット)接続ツール) が同梱されています。又、WEB上からダウンロード (リンク) できます。ダウンロードの動画も用意されています。参考になります。

同梱CD-ROM


⇒⇒⇒「AOSS (リンク) 」の Wi-Fi 接続はこちらです。

「AOSS」後、ブラウザを起動して、ホームページが表示されたら設定は完了です。
この時「INTERNET回線判別中」が表示された場合は、「INTERNET回線判別」処理を行います。

管理人からひと言
BUFFALO提供の「AOSS」を使用して W-Fi 接続するわけですが、長所と短所があります。

長所 (メリット)
 W-Fi 接続、子機(端末)管理等のソフトが利用できる。
(利用できるソフトウエア)
・クライアントマネージャV
・LAN端子用 無線子機接続ツール
・エアステーション接続ツール
・エアステーション倍速設定ツール
・パソコン環境表示ツール
等です。


短所 (デメリット)
「AOSS」のインストールと W-Fi 接続の作業があります、操作が多い為、煩雑で短所となっています。
利用できるソフトウエアのバージョンアップある為、世代管理が必要になってくる。

MENUに戻る

 

AOSS2

親機とスマホで Wi-Fi 接続が可能です。

今までの Wi-Fi 接続は、CD-ROM、QRコード、PC等が必要でしたが、「AOSS2」では親機とスマホで Wi-Fi 接続が実現します。もちろん、Wi-Fi と PC だけでも Wi-Fi 接続ができます。
子機は
iOS
Android
PC
が可能です。

Wi-Fi のプッシュボタンを押して、「AOSS2 キー(3桁)」を入力することで、無線接続が完了します。今までの接続方法と異なり、カンタンになっています。

セットアップカードの例 (図1)

「AOSS2」はスマートホン・タブレット版 (iOS/Android) と PC 版が用意されています。 機能おいて大きな変わりはありません。
操作の概要を紹介します。

【iOS版】の操作
1. 親機の AOSS ボタンをプッシュします。

2. 「設定」アイコンをタップします。

3. ネットワーク一覧より「!AOSS-XXXXX」仮SSIDをタップします。

4. SAFARI (ブラウザ) を起動します。

5. 「AOSSキー(3桁)」を入力して、「次へ」をタップします。(上記図1参照)

6. 「インストール」完了を確認します。以上で完了です。

INTERNET回線判別へ。

 

【Android版】の操作
1. 親機の AOSS ボタンをプッシュします。

2. 「設定」アイコンをタップします。

3. ネットワーク一覧より「!AOSS-XXXXX」仮SSIDをタップします。

4. 「接続」ボタンをタップします。

5. ブラウザを起動します。

6. 「AOSSキー(3桁)」を入力します。(上記図1参照)

7. 「ここから」をタップします。

8. 「インストール」をタップします。

9. 「完了」を確認します。以上で完了です。

INTERNET回線判別へ。

 

【PC版】の操作
1. 親機の AOSS ボタンをプッシュします。

2. インターネットアクセスアイコンをクリックします。

3. ネットワーク一覧より「!AOSS-XXXXX」仮SSIDをクリックします。

4. ブラウザを起動します。

5. 「AOSSキー(3桁)」を入力して、「次へ」をクリックします。(上記図1参照)

6. 「ここをクリック」をクリックします。

7. 「完了」を確認します。以上で完了です。

INTERNET回線判別へ。

 

「AOSS2」後、ブラウザを起動して、ホームページが表示されたら設定は完了です。
この時「INTERNET回線判別中」が表示された場合は、「INTERNET回線判別」処理を行います。

* 「AOSS2」に対応している親機は機種が限定されています。利用可能(2018/04現在)機種を紹介します。
・WXR-1900DHP3
・WXR-1750DHP2
・WXR-1901DHP3
・WXR-1900DHP2
・WXR-1751DHP2
・WXR-1750DHPです。

MENUに戻る

 

WPS

Wi-Fi アライアンスが策定した、Wi-Fi 接続方法です。それが「WPS」です。

Wi-Fi機器メーカーでは、独自のW-Fi 接続方法を提供しています。BUFFALOでは「AOSS」「AOSS2」等です。これらの設定方法は簡単で便利ですが、他メーカーのネットワーク機器を利用しようとした時、設定方法が異なるため、利用者側から見れば不便です。そんな不便を解消しようと考えられた方法です。

「WPS」には2種類の設定方法が用意されています。
プッシュボタン式とPINコード式です。設定内容は今までと同様で「SSID」、「暗号化キー」です。

・プッシュボタン式
子機のWPSを起動し、親機のWPSのプッシュボタンを押し、ランプの状態を確認し、POWERランプ(機種により点灯ランプが違いますので取扱説明書を参照)が緑点灯するのを確認します。緑点灯すれば完了です。
親機から子機に、ESSIDと暗号キーを送信して設定します。子機の取扱説明書を参照してください。起動方法、プッシュボタンのタイミング等が解説されています。
BUFFALO製のWi-Fiは「AOSSボタン」と「WPSプッシュボタン」を兼用しています。

・PINコード式 (脆弱性が報告されていますので、避けたほうが賢明です)
この方式には親機から子機への設定と、反対に子機から親機へ設定する2種類の方法があります。いずれの場合でもPINコードを使用します。

「WPS」後、ブラウザを起動して、ホームページが表示されたら設定は完了です。
この時「INTERNET回線判別中」が表示された場合は、「INTERNET回線判別」処理を行います。

MENUに戻る

 

スマホOL

INTERNET回線判別

無線接続後、ブラウザを起動して、ホームページが表示されたら設定は完了です。この時「INTERNET回線判別中」メッセージが表示された場合は、[Internet側の確認]が行われます。プロバイダーの資料にしたがって各項目を入力すると、接続確認画面が表示され、インターネットに接続できるか確認が行われます。「接続成功です」という画面が表示されたら、全ての設定は完了です。

インターネット回線判別ツールはエアーステーション(親機)シリーズに搭載されている機能です。

MENUに戻る

 

関連情報

エアナビゲータとは

エアナビゲータとは、ユーテリティプログラム群のライブラリーのことです。

この中にはいろんなプログラムが収録されています。
・クライアントマネージャV
・LAN端子用 無線子機接続ツール
・エアステーション接続ツール
・エアステーション倍速設定ツール
・パソコン環境表示ツール
等です。

それぞれのユーテリティプログラムにはOS別、バージョン別があり種類が豊富です。

BUFFALO社では無線接続に必要なユーテリティプログラムを提供しています。これをインストールして使用します。数も多く充実しているのですが、反面多くてわかりにくいという利用者 (特に初級者) もいます。

エアナビゲータには2種類あります。エアナビゲータエアナビゲータライトです。

エアナビゲータライトとは
オンラインマニュアルなど紙ファイルを除いてコンパクトにしているものです。 これにはダウンロード版とCD-ROM版があります。
エアナビゲータライトは製品の中に同梱されています。又、ネット上からダウンロードも可能です。動画も用意されているのでわかりやすいです。

MENUに戻る

 

クライアントマネージャ V とは

クライアントマネージャ V とは、Wi-Fi の接続を行うプログラムです。

親機の中に設定されている「SSID」、「暗号化キー」を子機に自動設定します。複数回のボタン操作で簡単に無線接続が可能です。

MENUに戻る

 

 

設定 (TOP) 画面の開き方

エアステーションの設定内容の確認、設定内容の変更を行うとき、エアステーションの (TOP) 画面を開かなければなりません。 その開き方は3つあります。

1. スマートホン・タブレットからアドレス欄に(192.168.11.1)を指定して開く。

2. PCからアドレス欄に(192.168.11.1)を指定して開く
これには「有線」でLANケーブルを使用する方法と親機と子機を「無線」接続して開く方法があります。

エアステーションの (TOP) 画面を開く方法を以下に用意しました。
WHR-1166DHP (リンク)
WHR-300HP2 (リンク)
WCR-1166DS (リンク)
WHR-G301N (リンク)

WTR-M2133HP (リンク)
WXR-2533DHP (リンク)
WXR-1750DHP (リンク)

3. エアステーション接続ツールで開く
インストールしたエアステーション接続ツールで開く方法です。

エアステーション接続ツールで開く方法を以下に用意しました。
WHR-1166DHP (リンク)
WHR-300HP2 (リンク)
WCR-1166DS (リンク)
WHR-G301N (リンク)

WTR-M2133HP (リンク)
WXR-2533DHP (リンク)
WXR-1750DHP (リンク)

MENUに戻る

 

スマホOL

 

ファームウェアのバージョンアップ方法

無線LANの暗号化技術であるWPA2で、「KRACKs」と呼ばれる脆弱性(ぜいじゃくせい)があるとの報道がなされました。今まで強固な暗号化だとのことでした。Wi-Fiメーカーも早速対応策が施されています。被害の報告が上がっていないのがせめてもの幸いです。まだわかりませんが・・・。

同様なことが今後起きるかもしれません。迅速な対応が必要です。エアステーションにはそういった問題に対処すべく「自動バージョンアップ機能」が搭載されています。以下に紹介します。

バージョンアップには3つの方法が用意されています。
1. ダウンロード更新
更新内容を一度 PC にダウンロードして、ダウンロードした更新プログラムを起動して更新を行うタイプです。PCが必要です。

2. 自動更新
更新プログラムを直接 Wi-Fi (親機) に更新するタイプです。

3. スケジュール更新
予め、更新時間帯を指定して更新を行うタイプです。

更新するときはWi-Fi(親機)の電源を切らないでください。途中で切ると故障の原因になります。また、インターネットは切断されます。

Wi-Fi メーカーがファームウェアをバージョンアップするのは、以下のような場合です。
新しい機能を追加した場合
ファームウエアに不具合があった場合
です。
これらには急がなければならないものと、そうでないものがあり、更に、定期的なものと、不定期ものがあります。

MENUに戻る

 

終わりに

エアーステーションの Wi-Fi 接続の記事です。
次のような内容でまとめました。
スマートホン・タブレットの Wi-Fi 接続では
・QRsetup
・AOSS2
・手動接続

PCの Wi-Fi 接続では
・ワイヤレスネットワーク接続
・AOSS
・AOSS2
・WPS

インターネットの回線接続では
「インターネット回線判別」ツールが Wi-Fi のファームウェアとして提供されています。その機能を利用して、PPPOE(フレッツADSL/光等)の接続が可能となります。

MENUに戻る