ATERM WM3500Rの設定

ATERM WM3500R

ATERM WM3500R の解説

ATERM WM3500Rの無線ルータの解説です。

ATERM WM3500Rは WIMAX専用のルータです。
ATERM WM3500Rの利用方法は2つあります。
・有線ルータとして利用する方法。
クレードル(オプション)を利用すれば、有線ルータとして、充電器として利用が可能です。

・無線ルータとして利用する方法。
外出先(Wimaxエリア)でモバイル無線ルータとして利用が可能です。

【INDEX】
ATERM WM3500Rの特長
ATERM WM3500Rの設定
ATERM WM3500Rのカスタマーレビュー

無線LANのセキュリティ
無線LANの設定・注意事項!
ATERM WM3500Rのアップグレード

 

ATERM WM3500Rは初級者から上級者まで幅広いレベルで利用できます。

ATERM WM3500Rはゲーム機・スマートホンにも対応しています。
Wiの設定

ニンテンドー3DSの設定
ニンテンドーDSの設定
PS3の設定
PSPの設定
スマーとホンの設定(iPadなど)

 

WM3500Rの上位機種も用意されています。それはWM3600Rです。

 

INDEXに戻る

 

ATERM WM3500Rの特長

ATERM WM3500RはWIMAX専用の無線LANルータです。
次のような特徴があります。

項目 概要
設置がカンタン 回線工事が不要なので、導入が簡単で、速く利用できます。
即利用 無線LAN/有線LANで接続したパソコンのWWWブラウザ画面から、ウィザードの案内に従ってサイトにアクセスし、サービス加入契約が即行えます。その後、その場でインターネット利用ができます。
コンパクトサイズ 約105(W)×70(D)×14.8(H)mmのサイズです。重さ約120gです。
通信状態を一目でチェック WiMAX通信状態をLEDランプで表示しています。
簡単無線LAN設定 「らくらくスタートボタン」を押すだけで、SSIDや暗号化キーを含む設定情報を、自動的に子機側に転送して登録します。
接続台数 同時接続最大8台までの接続が可能です。(無線LAN)
カラー 3色(レッド/ホワイト/ブラック)
無線のセキュリティ 強固なAESモードが暗号化キーとして設定済みです。
親機側で細かなセキュリティ(ESS-IDステルス機能、MACアドレスフィルタリングなど)の設定を変更した場合でも、[らくらく無線スタート]による設定が可能です。
対応ゲーム機 以下の機種が「らくらく無線スタート」に対応しています。
・ PSP「プレイステーション・ポータブル」
・ PSP「プレイステーション・ポータブル」go
・「 プレイステーション 3」(無線LAN搭載モデル)
・ ニンテンドーDSシリーズ
・ Wii
簡単無線LAN設定 もう一つの無線LAN設定のWPSにも対応しています。
マルチSSID機能
「AES」を利用する無線LAN子機と、ゲーム機など「WEP(128bit)」対応の子機の2台を同時に使うことができます。
[らくらく無線スタート]を使えば、WM3500Rが子機側の無線LAN規格を判別し、適切な暗号化方式で接続設定を自動的に登録します。
クレードル
(オプション)
充電機能と有線LANルータ機能が搭載されています。(LAN接続端子1個つき)

INDEXに戻る

 

ATERM WM3500Rの設定

ATERM WM3500Rは有線利用、無線利用が可能です。
本体の箱の中に同梱されている「つなぎかたガイド」で接続の方法を紹介しますので、手元においてください。

「つなぎかたガイド」を見れば分かりますが、STEP1STEP2STEP3STEP4からなっています。
接続できる子機の種類が沢山あるので難しそうに見えますが、実はカンタンです。


STEP1の「本商品を充電しよう」は手順どおりです。


STEP2の「本商品を接続しよう」は
見ての通り、有線接続と無線接続方法を紹介しています。
有線のほうはなんら問題がないと思いますが、無線のほうがちょっと複雑そうに見えます。
先ほども言ったように、使用するのはどれか一つでしょうから。カンタンです。
(使用するバリエーションをいくつか持つ場合は別ですが)

接続可能な子機を接続するときに利用するユーティリティを以下の表にまとめました。
使用する子機によって接続方法(ユーティリティなど使用)が異なります。

 

WM3500R(親機)に接続する子機とその接続方法。

子 機 内 容 接続方法(ユーティリティなど)
ATERM子機 ATERMシリーズの子機 らくらく無線スタートで設定
ゲーム機
らくらく無線スタート対応ゲーム機
無線LAN内臓子機(ノートPC) ・Windows XP(SP2・SP3)
・Windows VISTA/7
らくらく無線スタートEXで設定
らくらく無線スタートEXで設定できない場合
ワイヤレスネットワーク接続で設定
・Windows以外のOS 手動設定
(取扱説明書を参照)
スマートフォン iPhone/iPad/iPod スマホ設定

STEP3はWimaxへの加入契約ですから、手順どおりに行えばそれで完了です。
(WM3500R(親機)にWimax接続プログラムがインストールされていますのでインストールなどの特別な処理は不要です)

STEP4はインターネットに繋がるかの確認作業です。

これで完了です。

INDEXに戻る

 

らくらく無線スタートで設定

「らくらく無線スタート」設定とは、WM3500Rに搭載の「SET」ボタンの操作で無線接続をすることです。
因みに内容は「SSID」、「暗号化キー」です。


ATERM シリーズの子機はほとんどが「らくらく無線スタート」ボタンで設定が可能です。


ここで例をあげて手順をご紹介します。
Aterm WL300NU-GS[USB子機] の場合の操作手順
手順は次の通りです。(Win 7 と XP)

手順は
最初に子機のドライバーのインストール(WL300NU-GS)、
次に「らくらく無線スタート」で無線設定です。
では、具体的にWL300NU-GSの設定を進めます。

【ドライバーのインストール】 Windows7 
(1)Windows7を起動。
(2)PCにWL300NU-GSをセットする。
(3)「スタート」-「コントロールパネル」をクリックする。
(4)「システムとセキュリティ」をクリックする。
(5)「デバイスマネージャ」をへクリックする。

(6)ユーザーアカウント制御の画面が表示されたら、「はい」をクリックする。
(7)「ほかのデバイス」-「ATERM WL300NU-GS」を選択し、Dクリックする。
(8)「ドライバーの更新」をクリックする。
(9)「コンピュータを参照してドライバーソフトウエアを更新します」をクリックする。
(10)添付のCD-ROMをドライブにセットする。

(11)「参照」をクリックする。
(12)CD-ROMドライブから「Drv」- 「Win7_32」(Win 7 の64ビット版の場合は「Drv」- 「Win7_64」)を選択しをクリックする。
(13)「次」をクリックする。
(14)「このドライバーソフトをインストールします」をクリックする。
(15)ドライバーのインストールが始まります。

(16)インストールが完了したら閉じるをクリックする。
(17)CD-ROMを取り出す。
(16)「ATERM WL300NU-GS」のドライバーのインストールを確認をする。

 

【ドライバーのインストール】 Windows XP 
(1)Windows XP を起動。
(2)PCにCD-ROM(WL300NU-GS)をセットする。
(3)「新しいハードウエアの検索ウイザードの開始」画面で「ソフトウエア検索のため・・・」が表示された場合は「いいえ、今回は接続しません」を選択し、「次」をクリックする。
(4)「インストール方法を選んでください」の画面が表示された場合は「一覧表・・・」を選択し「次」をクリックする。
(5)「次の場所で最適なドライバ検索する」と「次の場所を含める」にチェックし「参照」をクリックする。

(6)CD-ROMドライブから「Drv」- 「WinXP」を選択しを「OK」クリックする。
(7)「次」をクリックする。
(8)「続行」をクリックする。
(9)「続行」をクリックする。
(10)「インストール」が完了したらを「完了」をクリックする。

(11)CD-ROMを取り出す。
(12)「ATERM WL300NU-GS」のドライバーのインストールを確認をする。

 


【「らくらく無線スタート」で無線設定】
(1)「らくらく無線スタート」画面(小画面)が表示されます。
SET(「らくらくスタート」)ボタンを押してください。と表示されますので、ボタンを押します。
このとき、SET(「らくらくスタート」)ボタンを長押し、POWERランプが緑点滅したら、SET(「らくらくスタート」)ボタンを離します。

(2)POWERランプが橙点滅したら、親機のSET(「らくらくスタート」)ボタンを長押し(6秒以上)し、橙点灯したら離します。

(3)「らくらく無線スタート」画面(小画面)が表示されます。
らくらく無線スタートの接続中です。・・・・・と表示されます。

(4)POWERランプが橙点灯。これを確認します。その後、緑点灯に変ります。
正常終了です。


これでWL300NU-GSのドライバーのインストールと無線の設定が終わりました。


つなぎかたガイドの
STEP3で「Wimaxに接続しよう」
STEP4で「インターネットに接続しよう」
手順どおりです。

INDEXに戻る

 

手動設定

設定の前に、
ATERM WM3500Rの裏面に「SSID」と「暗号化キー」が表示されています、これを使用しますのでメモをしてください。
(iPhone/iPod touch/iPadは添付の取扱説明書を参照)


使用する子機の取扱説明書を参照してください。


終われば、
つなぎかたガイドの
STEP3で「Wimaxに接続しよう」
STEP4で「インターネットに接続しよう」
手順どおりです。

これでインターネットが利用できれば完了です。

INDEXに戻る

 

ワイヤレスネットワーク接続

Windows 8/7/VISTA/XP用のワイヤレスネットワーク接続です。
ATERM WM3500R の裏面に書かれている、SSIDと暗号化キーをメモしてください、後で利用します)


Windows XP SP1
Windows XP SP2 SP3
Windows VISTA
Windows 7
Windows 8

終われば、
つなぎかたガイドの
STEP3で「Wimaxに接続しよう」
STEP4で「インターネットに接続しよう」
を作業してください。手順どおりです。

INDEXに戻る

 


らくらく無線スタートEXで設定

「らくらく無線スタートEX」で設定の場合は同梱されているCD-ROMがあります。
その中の「らくらく無線スタートEX」を使用します。
「つなぎかたガイド」の1ページ目の右下です。


手順書どおり設定してください。
終われば、
つなぎかたガイドの
STEP3で「Wimaxに接続しよう」
STEP4で「インターネットに接続しよう」
手順どおりです。

INDEXに戻る

 

ATERM WM3500Rのカスタマーレビュー

カスタマーレビューのチェックは必須ですね。
カスタマーレビューはこちら。

INDEXに戻る

 

ATERM WM3500Rのアップグレード

ATERM WM3500Rの後にワンランク上のATERM WM3600Rが販売されています。
改良点は大きく分けて2つです。
(1)最大10時間連続通信バッテリー
(2)公衆無線LAN対応
WiMAXエリア外でも、公衆無線LAN利用エリアなら自動切り替えでインターネットの利用ができます。

これが上位機種の ATERM WM3600R です

 

ATERM WM3500Rはモバイルが中心の無線ルータですからバッテリの性能(充電時間など)に影響されます。
長時間利用のためのバッテリー(ブースター)を紹介します。

モバイル用のブースター
機 種 内   容
PA-WM02C
WM3500R用クレードル(充電機能とルーター機能付)
カスタマーレビュー
SANYO の eneloop を紹介します。
ご存知の通りサイクル利用 (何度でも充電して利用が可能) できますのでエコロジーなバッテリーです。
KBC-E1ADS
SANYO NEW eneloop USB出力付き充電器セット(単3形2個セット)
KBC-L27D
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (高容量リチウムイオン3.7V2700mAh電池使用)
KBC-L54D
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (高容量リチウムイオン3.7V5400mAh電池使用)
KBC-E1AS
SANYO NEW eneloop USB出力付き充電器セット(単3形2個セット)
KBC-L2BS
SANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用)
KBC-D1DS
SANYO NEW eneloop USB出力付ハンディ電源(単3形2個セット)

INDEXに戻る


最後までご覧いただきありがとうございました。

Amazon Mobile検索 送料無料(一部除)
キーワード:
PC検索 送料無料(一部除)